グルメ

【楽天うどんランキング1位】本場讃岐うどん製麺工場直送!讃岐うどんを釜玉で食べてみた感想!

どうも。蕎麦よりうどん派のおたすけです。

あなたは好きな料理ランキングベスト3を挙げてくださいと言われたら、何の料理をノミネートしますか?

僕は、

  1. ネギトロ軍艦
  2. かき揚げうどん
  3. カツカレー

この3強ですね。

そしてつい最近、この好きな料理の中のうどんを家で初めて本場の讃岐うどんとして食べる機会があったんです。

いつも通り何気なく楽天を見ていると「本場讃岐うどん製麺工場直送」の文字が目に入りました。前から存在は知っていたんですが、こいつはいつもランキングに入っているんですよ。

こんだけ毎回ランキング入るなら、うどん好きの楽天ユーザーだったらどんなもんなのか気になりませんか?

その好奇心がいつの間にかカートに入れるボタンをポチッと押していた訳です。

ということで、今回は楽天で常に1位にいるうどんの味はどうなのか?その感想を書いていきます。

「讃岐うどんは有名だけど、正直うどんってそこまで味に違いでるかね?」

「あれはほぼつゆに味が左右されるんじゃないの?」

これが僕の食べる前の本場の讃岐うどんに対する感想ね。

讃岐うどんの特徴

讃岐うどんは香川県の特産うどんになります。

香川県と言えばやはりうどんのイメージが強く、そのうどんの味には期待せざるを得ません。

皆さんの周りで一番馴染み深いのは丸亀製麺ですかね?

丸亀製麺が香川県民がどう思っているかはわかりませんが、おそらく全国で一番食べられている讃岐うどんではないかと思います。

それでは讃岐うどんにはどういう特徴があるんでしょうか?

讃岐うどんをより美味しく食べられるように、讃岐うどんの特徴を理解しましょう。

足踏み製法によるコシの強さ

讃岐うどんは足踏みという製法で作られています。

うどんはしっかりとこねて圧をかけることで、粘り気のある良質な生地が出来上がります。踏んではこねてを何度も繰り返されることで強いコシを生み出しているんですね。

余談ですが「華麗なる食卓」という漫画のうどん職人宇賀神も、確かにめちゃくちゃ体重をかけた生地作りをしていました。もの凄い巨体から全体重をかけたアイアンスタンプという必殺技で審査員絶賛のうどんを作り上げるんです。

漫画でも使われるほど、うどんのコシには足踏みが重要なんですね。

讃岐うどんには定義がある

讃岐うどんには定義があります。

その定義というのが以下の通り。

  1. 香川県内で製造されている
  2. 手打ち、手打ち式(風)のもの
  3. 加水量40%以上
  4. 食塩=小麦粉重量に対して3%以上
  5. 熟成時間=2時間以上
  6. 茹でる場合=茹で時間15分以上で十分アルファー化しているもの

これは消費者庁の公正競争規約及び公正競争規約施行規則で定められているようです。

これほどしっかり定義されているからこそ、讃岐うどんは香川県で誇れるうどんだと胸を張って言えるんですね。

讃岐うどんのカロリー

うどんはダイエットに適しているのか気になりますよね。

体重に関係しているのはカロリーと炭水化物。

うどんとその他の食品の含有量を比較するとこのようになります。

品名(100g相当) カロリー 炭水化物
うどん 約105kcal 約22g
そば 約132kcal 約26g
ご飯 約168kcal 約37g
食パン 約269kcal 約47g

うどんは主食になる食べ物の中で、一番カロリーと炭水化物が低いんです。

うどんはメニューの立て方次第では、健康にダイエットができる優秀な食べ物なんですね。

製麺工場直送讃岐うどんの作り方

製麺工場直送讃岐うどんの作り方は、普通のうどんと違うところがあります。

それは茹で時間が長いということです。コシが強い分しっかり茹でないと粉っぽくなってしまうんですね。

茹で時間は好みの食べ方で違うようなので、美味しく食べるためになるべく茹で時間は守りましょう。

  • ざる・ぶっかけ・・・13分
  • 釜揚げ・・・13分
  • かけうどん・・・12分
  • 釜かけ・・・10分
  • 生醤油うどん・・・13分

あれ?讃岐うどんの定義の茹で時間って…。どういうこと?

本場讃岐うどんの感想

製麺工場直送讃岐うどんを食べて見た感想ですが、これがコシというやつか!っていうのがわかる感じです。

太くて程よい歯ごたえがあり、しっかり踏み込まれている感が凄いですね。

これはその辺のスーパーで売ってるうどんでは味わえませんわ。

ちなみに僕は釜玉うどんで食べました。

信じられないと思いますが、これが人生初の釜玉うどんです。釜玉うどんで食べようと思った理由は、楽天のうどんの紹介ページで一番魅力的だったから。

今までの僕はうどんは汁があってこその料理だという頑な信念がありました。まあそれが美味しそうな画像で崩れるほどのものだったんですけどね。

とりあえず作り方はエバラのプチッと釜玉うどんの説明通り….じゃなくて無視しました。本当は先に卵溶いて、麺入れて、タレを合わせるらしい。

でもタレをサッとかけて、ネギ、ごま、鰹節をのせた方が美味しそうじゃん。

でもこの食べ方でも十分美味しかったです。

普通のうどんみたいにスープがないので伸びないため、茹で上がった状態時の讃岐うどんのコシをずっと味わうことができます。

そして製麺工場直送讃岐うどんの一番評価できるポイントが、これだけコシがあって美味しいのに一袋300gというボリューム!

しかもこれが3袋で555円(税込)てコスパ良すぎじゃないですか!?

トドメの送料無料で本当にメリットだらけのうどんだということが確定ですよ。

製麺工場直送讃岐うどんは買って絶対に損はしない最高のうどんだったので、僕は間違いなくリピートしますね。

本場讃岐うどんの感想まとめ

以上が製麺工場直送讃岐うどんの感想になります。

製麺工場直送讃岐うどんはメリットだらけの最高のうどんでした。

  • その辺の商品では味わえないコシの強さ
  • 1袋300gが3袋というボリューム
  • 上記の内容で555円(税込)というコスパ
  • 送料無料

家で食べるうどんの中で、これを超えるうどんは今の所ないですね。

香川県の人がこのうどんをどういう風に思うかはわかりませんが、地方出身の僕は凄く美味しいと思いました。

もしあなたもうどん好きなのであれば、是非一度製麺工場直送讃岐うどんを食べてみてください。今までの家うどんの世界が一転するほど衝撃を受けますよ。